MENU

パスポートの残存有効期間とは?

パスポートには、5年間有効の赤いパスポートと10年間有効の青いパスポートがあります。
20歳以上の大人であれば、5年間有効のパスポートにするか、10年間有効のパスポートにするかを選んで申請することができ、少し余分にお金を払えば10年間有効のパスポートを受け取ることができます。
しかし、20歳未満の場合は、5年間有効のパスポートしか申請できません。
この有効期間が切れてしまうと、基本的にパスポートとしての効力を失います。
有効期間の短いパスポートの場合、有効期間の間しか海外での滞在期間が認められませんから、海外にいる間に有効期間が切れてしまうと、その国を出なければなりません。
ですから、パスポートの有効期限が迫っている場合には、新たにパスポートを取り直してから出国することをお勧めします。
また、アメリカなど、国によっては出国日から6ヶ月間の有効期間がなければ入国が認められませんから、その場合にも期間が足りない場合には新たにパスポート申請を行って有効期間を延長する必要があります。
長期滞在型の出張や旅行をする際に、パスポートの有効期限がその期間に満たない場合には、事前に有効期間を伸ばしてから出国することがほとんどです。
パスポートは残り有効期間が1年を切ると、切替発給といって、新規取得より少ない書類で更新発行を申請することができます。
ですが、有効期間が1年以上ある場合には、更新手続きはできませんから、新規取得で有効期間を伸ばします。

関連ページ

パスポートの取得と申請方法
海外旅行は国内旅行と異なり必要なものが多くあります。あれもこれもと悩むうちにどんどん荷物が増えてしまう…ここでは海外旅行に必要なものをリストアップし、他にも海外の人気スポットを紹介しています。
パスポートの更新手続き
海外旅行は国内旅行と異なり必要なものが多くあります。あれもこれもと悩むうちにどんどん荷物が増えてしまう…ここでは海外旅行に必要なものをリストアップし、他にも海外の人気スポットを紹介しています。
パスポートの住所変更の仕方
海外旅行は国内旅行と異なり必要なものが多くあります。あれもこれもと悩むうちにどんどん荷物が増えてしまう…ここでは海外旅行に必要なものをリストアップし、他にも海外の人気スポットを紹介しています。
パスポートの保管の際の注意点とは?
海外旅行は国内旅行と異なり必要なものが多くあります。あれもこれもと悩むうちにどんどん荷物が増えてしまう…ここでは海外旅行に必要なものをリストアップし、他にも海外の人気スポットを紹介しています。
パスポートはどのぐらいで受け取れる?料金は?どこで受け取る?
海外旅行は国内旅行と異なり必要なものが多くあります。あれもこれもと悩むうちにどんどん荷物が増えてしまう…ここでは海外旅行に必要なものをリストアップし、他にも海外の人気スポットを紹介しています。
パスポート申請に必要な書類とは?
海外旅行は国内旅行と異なり必要なものが多くあります。あれもこれもと悩むうちにどんどん荷物が増えてしまう…ここでは海外旅行に必要なものをリストアップし、他にも海外の人気スポットを紹介しています。
パスポート申請は自分でする?代行を利用する?
海外旅行は国内旅行と異なり必要なものが多くあります。あれもこれもと悩むうちにどんどん荷物が増えてしまう…ここでは海外旅行に必要なものをリストアップし、他にも海外の人気スポットを紹介しています。
未成年者のパスポート申請はどうやる?
海外旅行は国内旅行と異なり必要なものが多くあります。あれもこれもと悩むうちにどんどん荷物が増えてしまう…ここでは海外旅行に必要なものをリストアップし、他にも海外の人気スポットを紹介しています。